Japan[企業情報]

  1. Home
  2. クラリオングループについて
  3. 環境レポート
  4. 事業活動と環境負荷

事業活動と環境負荷

クラリオンでは、国内のグループ会社を含めた環境負荷を把握し、グループ全体で環境保全活動を推進しています。また、これまでの活動にかかわる費用と投資額を把握し、環境経営評価のツールとして活用するために、環境会計を導入しています。

マテリアルフロー

クラリオンは、事業活動に伴う環境負荷について把握、分析し、環境保全活動の向上を積極的に推進しています。このマテリアルフローは、国内のクラリオングループが発生させる環境負荷について、エネルギーや化学物質の使用量などのインプットデータと、CO2、廃棄物の排出量などのアウトプットデータをまとめたものです。今後も継続的に収集・分析を行うことで効果的に環境負荷を削減していきます。

working_01

対象範囲

国内の対象は次の2サイト3社です。
•埼玉サイト(埼玉県さいたま市)
 •クラリオン株式会社 本店・技術センター
 •クラリオン株式会社 本社事務所
 •クラリオンセールスアンドマーケティング株式会社(CSM)
•郡山サイト(福島県郡山市) 
 •クラリオン株式会社 東北事業所
 •クラリオンマニュファクチャリングアンドサービス株式会社(CMS)

対象期間

 2016年4月1日~2017年3月31日
  1. Home
  2. クラリオングループについて
  3. 環境レポート
  4. 事業活動と環境負荷

ページトップへ戻る