Japan[企業情報]

  1. Home
  2. クラリオングループについて
  3. 会社概況
  4. ビジネスアウトライン

ビジネスアウトライン

車両情報システムソリューションプロバイダーへ

昨今、自動車業界へのIT業界を含む異業種からの参入、自動運転・自動駐車等の運転支援に対するお客様ニーズの拡大など、ビジネス環境は急速に変化しています。このような市場環境において、クラリオンはSmart Cockpit®構想を掲げ、クラリオンが保有するナビゲーション、HMI、クラウドサービス、車載カメラ等の技術に加えて、日立グループとも連携し、「車載情報機器メーカー」から、クルマと情報を「つなげる」付加価値を提供する「車両情報システムソリューションプロバイダー」へと事業変革を図っています。

各地域に根ざしたグローバルなビジネス展開

クラリオンは全世界に16カ国42拠点を展開し、各地域に根ざしながら世界各国へとビジネスを展開しています。近年では米国シリコンバレーオフィスの開設、ロシアでの販売会社の設立、中国でのソフトウェア開発合弁会社の設立など、開発・製造・販売全てにおいて、グローバルな展開を深めています。

グローバル市場で高い実績を誇るOEMビジネス展開

卓越した技術力とフレキシビリティの高い生産体制で、クラリオンはグローバル市場から高い評価を得ており、純正機器を納入するOEMでは世界の主要自動車メーカーと長期にわたり確かな信頼関係を築いています。当社のOEM分野におけるビジネス展開は、1951年の日野ルノー向け純正ラジオ納入を皮切りに始まりました。現在では世界中へ多彩な車載機器を納入しており、当社のビジネスの大きな柱とも言えます。今後、先進国ではハイブリッド車や電気自動車等の普及に伴い、車載機器の更なる進化が求められます。一方、急成長する新興国市場では各地域ニーズに合致した製品が求められます。目まぐるしく変わる車載機市場において、クラリオンは長年培ってきた車両適合技術と顧客ニーズを先取りする提案力により、OEMビジネスのグローバル規模での更なる拡大をめざしています。

※OEM: Original Equipment Manufacturing(相手先ブランド生産)

主要お取引先

technology_02

お客様・外部からの評価

  • <いすゞ自動車> 115期優良企業表彰 原価改善優良賞
  • <マツダ株式会社> 2017年品質実績優秀賞
  • <iF DESIGN AWARD 2017> Clarion ZH700FF
  • <GOOD DESIGN AWARD 2016> スマートフォン・タブレット用アプリ Clarion Z-tune
  • <GOOD DESIGN AWARD 2016> 乗用車向け俯瞰カメラシステム SurroundEye®
  • <介護ロボット導入好事例優秀賞> 服薬支援ロボ
Smart Cockpitはクラリオン株式会社の登録商標です。
  1. Home
  2. クラリオングループについて
  3. 会社概況
  4. ビジネスアウトライン

ページトップへ戻る